人気ブログランキング | 話題のタグを見る
登場人物:finny(花火と読書とゲーム好きの管理人)・大柳火(その夫)・らいちゃん(生意気小学生)
by finny21
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29


ポケモン!ポケモン!
とは言っても、ブラック/ホワイトではなくってよ。
未だにハートゴールドで殿堂入りになってないので、まだ買わないのだ。

と言うのは、始めたのが遅かったのでまだプレイ時間が90時間そこそこだからだ。うちの小学生(ソウルシルバー)は100時間はとっくに突破しているんだけど、こっちもまだ殿堂入りしてない。見ていると詰めが甘くておいおいそれじゃ勝てないよってなもんだ。ラムの実/ヒメリの実を一個も持たずに四天王戦突入は無謀だろ、とか。私はそれ以前にポケモンを育てていなくてレベルが低すぎるようじゃ出直してまいれ、なので。

じゃあ何をしているかというと、アンノーンノートを埋めるのに夢中だったりする。FFやDQでも本編進めるよりもアイテムコンプリート!とかそういう方向に脱線しがちなわけですよ。こればっかりは性ということでしかたないよね。
いいじゃない、人それぞれの楽しみ方があっても!

久しぶりに書いたブログ記事がこれかよ!と笑ってやってくれい!
# by finny21 | 2010-09-20 15:13 | 本とゲームと映画
パトリック様ああああ!!!!
パトリック・スウェイジ様がすい臓ガンでお亡くなりになられたそうです
まだ57歳だって。大ショックだ。
映画フリークだった私の学生時代、あなたも燦然と輝いておられました。

ニュースでは「ゴースト」の俳優、という紹介がなされていましたが
私にとっては「ハート・ブルー(原題:Point Break)」の俳優です。
共演はキアヌ・リーブス、全く対照的な二人のキャラクターが際立つ映画でした。
あの頃は良かった……(泣く)

ご冥福をお祈りします。合掌。
# by finny21 | 2009-09-15 12:34 | 本とゲームと映画
読書記録メモ
あまりにも放置しすぎなのも気が咎めるので、さらっと流すことにするよ。
本当は熱く暑苦しく語りまくりたいんだけど、収拾がつかなくなるのが怖くて書き出せないんだ。そのへんをささっと打破するためには省略形が一番なのかもしれない。

「ハリー・ポッターと死の秘法」J・ローリング
とりあえず泣く。
セブルス・スネイプ先生、いくらハリーが貴方を信じていなくても/誰も貴方を信じなくても、私だけは最後まで貴方を信じていて良かったと思いました。なんて孤高で健気な人なんですか、貴方という人は!最終刊まで読んでから、改めて最初から読み直すと全然違った話に思えてくる不思議。もうね、このシリーズはハリーじゃなくてセブルスが主人公でいいと思うよ!
特筆すべきは、ハリーとセブルスの会話シーンの最後の所。「僕を〜」の部分、原語版ではいったいどういう表現になっているんでしょうか。英語と日本語の一人称単数表現にはあまりにも隔たりがありすぎるため、このあたりは訳者の意訳なのか、それとも他になにか付加される言葉があったのかどうか激しく気になる。もし原語版を見る機会があったら、このへんをぜひ検証したいですね、ええ。
てかそんなうんたらかんたらは横に置いといて。
このシーンで泣かない人は血管にサイダーが流れてると思います。・゚・(ノД`)・゚・。:゜・。

「ハリスおばさんシリーズ」ポール・ギャリコ
なんとも人情味あふれるお話の数々。未完なのが惜しまれます。
特に「ハリスおばさん国会へ行く」のラストシ−ン。ハリスおばさんの知人であるベイズウォーター氏の台詞と行動には超萌えまくりー!!読んでうわあああイギリス紳士超かっけえええええと転げ回りました!!

「ローゼンメイデンシリーズ」
とにかく泣く。
6巻以降も出てる分だけ読みましたが、なんと素晴らしい漫画なのでしょうかこれは!……と、私がどっぷり漫画版にはまっているのを見て、いつの間にか大柳火がアニメ版を見てました。おそるおそる見てみたら、私の心配は全くの杞憂でしたーよ。声優陣があまりにもどんぴしゃすぎて、イメージをまったく損ないません。ストーリーは漫画版の方が好きだけど、アニメ版では蒼い子もみんなと仲良くしているので、ちょっとなごんで救われます。それで、いつのまにかイラスト集とか公式設定集とかドラマCDが家にあるんですが、きっと気のせいだと思います。

-----------------

読んだ本とかもっといろいろあるんですけどね。
ほら、こんなふうに無用に暑くなっちゃうんで。
どこが省略形だよと思われそうですが、これでも抑えて書いてるんですよ。
本当はなによりもゆうきまさみ関連を書き殴りたいんですけど、自重します。
# by finny21 | 2009-03-13 22:29 | 本とゲームと映画
読んだ本ずらり
とりあえずメモ書きで

ケストナー「飛ぶ教室」
小中学生で読んだのだったら、心温まる学園クリスマス物語だと思うだろう。
しかしこれが書かれた時代背景を鑑みつつ読むとすごくもの悲しい。ケストナーは弾圧を受け、自著をナチスに焚書される憂き目にあった作家だと今さら知った。
ところでこれも出版社ごとにずいぶん訳が違うらしいので、読み比べてみたいと思います。……そのうち。

フィリップ・K・ディック「ゴールデン・マン」
すげえすげえすげえすげえ(以下エンドレス
ハヤカワ最高だね!ディック最高だね!
どうやったらこんなとんでもない話を思いつくの?
件の「電気羊」の原型になる短編も載っていた。それだけで七転八倒だ。

だいたいそんな感じ、ということで。
# by finny21 | 2008-12-30 19:21 | 図書館通い
超絶大ショックぅぅぅ
少し前のエントリで「ジェームス・スペイダーは神」と書いてありますが、さっきふと思い立ってジェームス・スペイダーを画像検索してみたんですよ。

……大ショック。
嘘だ、絶対嘘だ。これは別人だ。そうに違いない。
あの超絶美青年がこんな……こんな……っ!

いや、あの、だからといって今の彼を否定するものではありません。
でもやはり、思い出は思い出のままの方が幸せなのかもしれないね。orz

--------------

あと遅まきながらmixi始めました。
そっちでのハンドルは「彩色千輪」ですので良かったら探してみてください。
……でも、あんまり日記書かないかもしれないけどね?
# by finny21 | 2008-12-13 18:20 | 本とゲームと映画