登場人物:finny(花火と読書とゲーム好きの管理人)・大柳火(その夫)・らいちゃん(生意気小学生)
by finny21
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日々雑記
図書館通い
本とゲームと映画
花火とデジカメ
My baby
フォロー中のブログ
Somehow*blog
Links
ライフログ
リスペクト
げーむ
その他おすすめ
最新のトラックバック
can't get en..
from あなたもサクサク洋書読破!~..
わたしと詩集「時代の刀」
from 私の気にいったことば
『エリザベス1世~大英帝..
from 本を読もう!!VIVA読書!
ゲド戦記
from REALITY BITES
ジブリ最新作予告編!!ゲ..
from ファルコングラフィック BLOG
「中越地震の町に咲いた超..
from Somehow*blog
江口洋介様の番組。
from My favorite blog
江口洋介が追い続けた1年
from RADIO Days
江口洋介氏のドキュメンタ..
from はなびろぐ
亜細亜の國の生贄みたいに
from oser
以前の記事
2010年 09月
2009年 09月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


絵を描く人も詩を読む人もみんなみんなアーティスト!
私は短歌とか俳句の類も大好きです。
特に、目の前にうわああっと情景が広がるような、色彩のあるのがいいですね。
清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき/与謝野晶子
白鳥は 悲しからずや空の青 海の青にも染まずただよう/若山牧水
でも一番のお気に入りはこれです。

星空へ店より林檎あふれをり/橋本多佳子

これ初めて読んだときですね、頭の中にすぐ情景が浮かんだんです。強烈な色彩と光。濃紺の星空、店先の黄色い明かり、真っ赤な林檎、往来の人々と元気よく林檎を売る店員……雑踏のざわざわまで耳に入ってくるようで、なんて素晴らしい情景なんだと感動したものです。俳句ってすごい、こんな短いのにいろんなものがぎゅぎゅっと詰まってる!
……で、初読から何年も何年も経ってから、全然別の機会でゴッホの「夜のカフェテラス」という作品のコピーだか画像だかを見たとき、

衝 撃 で し た 。

こ、これ……私が思い描いていたあの句の情景と
色彩がまっっっったくおんなじだ……!
林檎じゃなくてテーブルだったりするけど
これそのまんまのイメージだった!!!!
初めて見たときすごい胸がドキドキしてたまらんかった。

あー、個人的な解釈ではこれと同じ色彩で
秋葉原の旧IKESHOPの店先にMacOS8やiMacがあふれをり、な
構図を思い浮かべてもいるのですが。(笑)

どんな絵かっつーとこんな絵だぜ。まあ、ちっと見てくんな!
[PR]
# by finny21 | 2008-07-31 18:49 | 本とゲームと映画
アスプリン大好きー!!
この間の弁天はお疲れさまでした。

……とか、しれっと書いてごめんなさい!!(笑)
ブログかなーり放置してましたが、仕事が忙しいとか本読むヒマもないとかそういうことではなく、ただなんとなく書き出すタイミングを失ってのことです。
ブログ持ってんだから書こうよ。ねえ。
切腹!!

気を取り直して、読んだ本の話。

最近大ハマリなのがハヤカワ系、特にロバート・アスプリン。
「マジカルランド」シリーズ、見習い魔法使いスキーヴ君とその仲間(?)たちのお話は、水玉蛍之丞氏が挿し絵と表紙を担当してまして。私は氏の大ファンなもので、中身もなにも置いといて即表紙買いだったんですが、期待を上回るおもしろさ。うわーんなにこの作家さん、大好きー!とばかりに買い集めてるところです。まだ揃えてない巻があるんだよね。それはおいおい。
でもってアスプリン氏の別作「銀河おさわがせ〜」シリーズ。こちらは超お金持ちの中隊長が、宇宙軍のおちこぼればかりを集めた中隊を指揮して、てんやわんやの大騒ぎっていうお話。このシリーズはアスプリン氏の名前を意識する前から知ってはいたんですが、なんとなくスルーしていました。なんで手を出さなかったんだ当時の自分!と頭をかきむしりたい気分でいっぱいです。
そんな感じで氏の著作を片っ端から積み上げて読んでいるわけですが、この作家さんも相当な遅筆らしく、次作が出るのをファンはやきもきして待っているらしいです。なんで私の好きになるシリーズ書きはどいつもこいつも遅筆なんだ!新井素子の「ブラック・キャット」(やっと完結。10年以上待ちました)や火浦功の「ガルディーン」(20年待ってまだ3巻目って)……ああああ(以下略

話変わって、「復刊ドットコム」のメールマガジンを受け取っているんですがあれはうっかり開くと麻薬ですな。ぐがががこの本欲しいー!今買わないとまた絶版だー!という余計なスリル感を味わうことになります。次のエントリでは復刊ドットコムで衝動買いした本の話をしようと思います。

らいちゃんは元気です。
大きくなったらなると(注:NARUTO)になりたいそうです。はいはい。
[PR]
# by finny21 | 2008-07-15 08:20 | 本とゲームと映画
なんつーかいろいろ。
働きはじめました。
昔やったことのある仕事なので、全く違和感がありません。
むしろ今までずっとこうしていたような気がする。
なんかわかんないけど、変な感覚です。

フローベール読んでましたが、興味が続かず途中で投げた。
「ボヴァリー夫人」の概要が分かっただけでもいいか。いや、良くないか。でも元々、違う人が訳したボードレールを読もうと思って借りた本の中にフローベールも入っていただけで、最初からフローベール読もうと思っていたわけじゃないから……やっぱりいいか。
それでもって懲りずに安藤元雄訳のボードレールをまた読んでる。
つーか、こんなに読むなら借りずに買えよ。って話?でも、いつまでも手元に置いておく本ではないような気もするんだ。
本って不思議。

あと、最近ドリキャス熱が再燃。
スペチャン5とかサンバデアミーゴとかを引っ張り出して遊んでる。
細切れにやりたいステージだけ遊べるのでいいね。
いいハードだったのになあ、あっという間に消えたなあ。
ドリキャス好きだよ。うん。

ところで5/20の熱海行きました。
回転する覆輪とか、きゃー!
でもupする(Web用に加工する)時間があんまりない……

以上、生存確認ということで。(^^ゞ
[PR]
# by finny21 | 2007-05-24 21:10 | 日々雑記
メダパニかかってる。混乱中。
「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」
この句が大好きです。快晴の日に洗濯物干すのが大好きです。
この季節になると心の中で暗誦します。とっても嬉しくなるんだ。

いろいろやることがあって何から手を付けていいのかわからない。
そういえば熱海upしてなかった。これからやります。
それから念願の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を入手+読破。
あと「ボヴァリー夫人」を飛ばし飛ばし読んでる。
ボードレールをいろんな人の訳で読んでる。
ポール・ギャリコにはまっている。
キルケゴールは挫折した。
履歴書を書きまくっている。
久しぶりにスーツを着てみたらウエストが(強制終了

どうしようもない毎日です。
[PR]
# by finny21 | 2007-05-08 16:53 | 日々雑記
環境が変わるのって苦手なんだよ。
ようやっと風まつりの更新をしたわけなのですが
ブログも書こう書こうと思いつつ放置していたことに気がついたわけなのですが
いろいろやることがあるのになぜかボーっとしてしまう理由があるのですが

らいちゃんが先週から幼稚園に通いはじめました
えっと、私、日中どうすりゃいいのさ (゜◇゜)ポカーン

なんというかどかっと一人の時間が増えたわけです。
そりゃーこのあいだにあれもこれもやってしまえー
ホームページも更新してブログも書こうぜー
この際CSS使いまくりのページに改造するぜー
もちろん部屋もあっちこっち片づけするぜー
図書館行って長編小説借りてきて腰据えて読むぜー
……しかしこういう生活は、私には合わないらしいorz

正直言って手持ちぶさたなのです。
さっさとバイトでもはじめた方が精神衛生上良さそうです。
そう言えば近所の遊園地(笑)でお化け屋敷俳優(!)を募集してる。
しかーし残念!土日は働けないんだ!(^_^)
[PR]
# by finny21 | 2007-04-17 13:17 | 日々雑記
どくしょきろくー。
読んだ本ずがーっと。
「空の青さを見つめていると」谷川俊太郎
「よもつひらさか往還」倉橋由美子
「ヴィク・ストーリーズ」サラ・パレツキー
「青い犬の目」ガルシア・マルケス
「雪のひとひら」ポール・ギャリコ

もっと読んでるけど、とりあえず印象深いところだけ。

More
[PR]
# by finny21 | 2007-02-23 16:43 | 図書館通い
追悼、シドニー・シェルダン
Mac復旧作業中ですが。

十数年前に私を掴んで離さなかったあの方が鬼籍に入られたそうで。
せめてもの追悼にと(?)図書館から借りてきたのは「リベンジは頭脳で」。
いえ、あのね、前後編とかある長編だと、さすがに家事などに支障をきたすかと思って一番短いやつにしたんですよ。でもね。

…やっぱりシドニー・シェルダンは長いやつがいいね。短すぎるとぎゅんぎゅん読んじゃってすぐに終わっちゃうの。もっとひっぱれーひっぱれーと(以下略)それから、こういうジェットコースター系の小説って、二度読みができないんだよね。二周目で新たな発見がっ!とかそっかここが伏線かっ!とかそういうのが楽しめないの。その分スリル感に回されてるのかな。思い起こせば一番はまっていた頃は、はっと気がつくと午前三時!というような目によくあったものです。

今は飽きてしまって(失礼)ほとんど読みませんが、かつてお世話になったことへの感謝も込めて、心からご冥福をお祈り申し上げます。
…今度は長編を借りてきて読むぞっ!
[PR]
# by finny21 | 2007-02-07 10:20 | 図書館通い