登場人物:finny(花火と読書とゲーム好きの管理人)・大柳火(その夫)・らいちゃん(生意気小学生)
by finny21
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日々雑記
図書館通い
本とゲームと映画
花火とデジカメ
My baby
フォロー中のブログ
Somehow*blog
Links
ライフログ
リスペクト
げーむ
その他おすすめ
最新のトラックバック
can't get en..
from あなたもサクサク洋書読破!~..
わたしと詩集「時代の刀」
from 私の気にいったことば
『エリザベス1世~大英帝..
from 本を読もう!!VIVA読書!
ゲド戦記
from REALITY BITES
ジブリ最新作予告編!!ゲ..
from ファルコングラフィック BLOG
「中越地震の町に咲いた超..
from Somehow*blog
江口洋介様の番組。
from My favorite blog
江口洋介が追い続けた1年
from RADIO Days
江口洋介氏のドキュメンタ..
from はなびろぐ
亜細亜の國の生贄みたいに
from oser
以前の記事
2010年 09月
2009年 09月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:図書館通い( 24 )
読んだ本ずらり
とりあえずメモ書きで

ケストナー「飛ぶ教室」
小中学生で読んだのだったら、心温まる学園クリスマス物語だと思うだろう。
しかしこれが書かれた時代背景を鑑みつつ読むとすごくもの悲しい。ケストナーは弾圧を受け、自著をナチスに焚書される憂き目にあった作家だと今さら知った。
ところでこれも出版社ごとにずいぶん訳が違うらしいので、読み比べてみたいと思います。……そのうち。

フィリップ・K・ディック「ゴールデン・マン」
すげえすげえすげえすげえ(以下エンドレス
ハヤカワ最高だね!ディック最高だね!
どうやったらこんなとんでもない話を思いつくの?
件の「電気羊」の原型になる短編も載っていた。それだけで七転八倒だ。

だいたいそんな感じ、ということで。
[PR]
by finny21 | 2008-12-30 19:21 | 図書館通い
どくしょきろくー。
読んだ本ずがーっと。
「空の青さを見つめていると」谷川俊太郎
「よもつひらさか往還」倉橋由美子
「ヴィク・ストーリーズ」サラ・パレツキー
「青い犬の目」ガルシア・マルケス
「雪のひとひら」ポール・ギャリコ

もっと読んでるけど、とりあえず印象深いところだけ。

More
[PR]
by finny21 | 2007-02-23 16:43 | 図書館通い
追悼、シドニー・シェルダン
Mac復旧作業中ですが。

十数年前に私を掴んで離さなかったあの方が鬼籍に入られたそうで。
せめてもの追悼にと(?)図書館から借りてきたのは「リベンジは頭脳で」。
いえ、あのね、前後編とかある長編だと、さすがに家事などに支障をきたすかと思って一番短いやつにしたんですよ。でもね。

…やっぱりシドニー・シェルダンは長いやつがいいね。短すぎるとぎゅんぎゅん読んじゃってすぐに終わっちゃうの。もっとひっぱれーひっぱれーと(以下略)それから、こういうジェットコースター系の小説って、二度読みができないんだよね。二周目で新たな発見がっ!とかそっかここが伏線かっ!とかそういうのが楽しめないの。その分スリル感に回されてるのかな。思い起こせば一番はまっていた頃は、はっと気がつくと午前三時!というような目によくあったものです。

今は飽きてしまって(失礼)ほとんど読みませんが、かつてお世話になったことへの感謝も込めて、心からご冥福をお祈り申し上げます。
…今度は長編を借りてきて読むぞっ!
[PR]
by finny21 | 2007-02-07 10:20 | 図書館通い
泉鏡花に泥酔状態。
うわわー、ずっと書いてなかったですね。復活宣言とか言っておいて…ぎゃふん。
気を取り直して読書記録。いろいろ読んでるけど、もうこの一冊だけが私の心をがっつり支配しております。泉鏡花「高野聖」(角川文庫)。感想を一言で言うと…

ぐはっっっっっ(吐血)

More
[PR]
by finny21 | 2006-11-09 17:39 | 図書館通い
入沢康夫にとにかく夢中な件について
O??録。
「わが出雲・わが鎮魂」入沢康夫(思潮社)

…すげえ。
これが最初の感想。

以前手にした高橋氏の「言語遊戯」アンソロジーの中に入っていた、この詩人の作品に引きつけられ、彼の著作物を図書館で探して…出会ったのがこれ。
1968年に一度出版された物の復刻版だそうですが、復刻を企画した思潮社グッジョブ!

ちょっと長々と語らせていただきますよ、と。

More
[PR]
by finny21 | 2006-08-10 15:39 | 図書館通い
スネイプ先生…・゚・(ノД`)・゚・
5月に貸し出し予約をした「ハリー・ポッターと謎のプリンス」ようやく私の読む番が回ってきた。5時間弱で読了(←速読すぎ?)。
とりあえず感想2つ。

1:なんであそこで終わるんだよ!!次巻まで生殺しですか??

2:私はそれでもセブルス・スネイプのファンだああ!!

ぜえぜえはあはあ(呼吸困難

あの教科書の持ち主が誰かなんて最初からわかってた。とか、えっあの二人が…!とか、殺すな!とか、他にもいろいろ言いたいことはあるんですが。

つい冷静さを欠いてしまいそうになりましたがσ(^◇^;)マターリと次作を待つことと致します。(確か、次回が最終巻だったよね?)
[PR]
by finny21 | 2006-07-20 08:03 | 図書館通い
今回は1冊だけ
読書記録。
劇団ひとり「陰日向に咲く」

More
[PR]
by finny21 | 2006-07-03 19:48 | 図書館通い
いろいろ衝撃な読書記録
最近読んだ本。
「たけくらべ:樋口一葉」(現代語訳)
「鉄道員(ぽっぽや):浅田次郎」
「星の巡礼:パウロ・コエーリョ」
「遊びの百科全書/言語遊技:高橋康成編(日本ブリタニカ)」
「嘔吐:サルトル」
「Longman dictionary of contemporary English(ロングマン現代英英辞典)」(^◇^;)

以下感想。

More
[PR]
by finny21 | 2006-06-22 15:46 | 図書館通い
乱読もいいところ?(^_^;)
久しぶりに本を読んだ話など。

「大人のための残酷童話」倉橋由美子/「智恵子抄」高村光太郎/「にごりえ・たけくらべ」樋口一葉
いずれも新潮文庫。

相変わらずジャンルばらばらだぜ、と笑ってやってくれ。_| ̄|○

More
[PR]
by finny21 | 2006-04-14 17:40 | 図書館通い
エリザベスと近代英国史と夜の果ての旅
冊数は減りましたが、読んでますよー。
この間ふと、映画「エリザベス」のノベライゼーションを手にとって以来、ずっぽし近代英国史(というかヨーロッパ史)にはまっています。

More
[PR]
by finny21 | 2006-02-15 14:00 | 図書館通い