登場人物:finny(花火と読書とゲーム好きの管理人)・大柳火(その夫)・らいちゃん(生意気小学生)
by finny21
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々雑記
図書館通い
本とゲームと映画
花火とデジカメ
My baby
フォロー中のブログ
Somehow*blog
Links
ライフログ
リスペクト
げーむ
その他おすすめ
最新のトラックバック
can't get en..
from あなたもサクサク洋書読破!~..
わたしと詩集「時代の刀」
from 私の気にいったことば
『エリザベス1世~大英帝..
from 本を読もう!!VIVA読書!
ゲド戦記
from REALITY BITES
ジブリ最新作予告編!!ゲ..
from ファルコングラフィック BLOG
「中越地震の町に咲いた超..
from Somehow*blog
江口洋介様の番組。
from My favorite blog
江口洋介が追い続けた1年
from RADIO Days
江口洋介氏のドキュメンタ..
from はなびろぐ
亜細亜の國の生贄みたいに
from oser
以前の記事
2010年 09月
2009年 09月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


泉鏡花に泥酔状態。
うわわー、ずっと書いてなかったですね。復活宣言とか言っておいて…ぎゃふん。
気を取り直して読書記録。いろいろ読んでるけど、もうこの一冊だけが私の心をがっつり支配しております。泉鏡花「高野聖」(角川文庫)。感想を一言で言うと…

ぐはっっっっっ(吐血)



↑…こんな感じです。でもほんとすげえ。すごいよこれは!!
収録作品は収録順に「義血侠血」「夜行巡査」「外科室」「高野聖」「眉かくしの霊」。要するに短編集なんですが、最初の三作は文語体で、残りの二作は言文一致体。でも、ざーっと通して読んでたときは、途中の作品から言文一致体に変わってたのに、ちっとも(!)気が付かなかったよ。それぐらいのめり込んでしまいました。
樋口一葉を読んだときは、文語体って難しいから入りにくいなあと思ってたのに、泉鏡花はなんでこんなにつるつる読めるんだろう?すごい不思議でした。でもね、どの作品も、まるでテンポのよいドラマみたいにどんどん場面が変わっていって、この先どうなるんだろう、どうなるんだろうって引きがすっごく強いんですよ。しかも実に私好みな、鮮やかにキレのあるバッドエンドのオンパレード。吹き出る鮮血が目の前に散るのが見えるような、あーもうなんと言っても白眉なのは、「眉かくしの霊」最後の一文です。クライマックスなので引用は差し控えますが…これ、怪談話なんですよ。幽霊がすんごい有り得ないくらい色っぽいの。読み終わったその瞬間、こんなに美しすぎる言葉は初めてで、情景が目の前にずざーっと広がって、床を転げ回って悶えまくりでした。…ぐはっ(悶絶)
情景描写なら梶井基次郎が一番だと思ってきたけれど、この人も同列に並べることにしました。とりあえず酔いしれてます。酔ってます。ええいくらでも。今、短編一作ごとに感想を書こうと思ったんだけどもうダメです。理不尽さ、非情さ、そこはかとないエロさ、高潔さ、不可思議さ、いやーんもう何がなんだか。
以前、谷崎潤一郎を「きっついブランデーみたい」と評した記憶がありますが、泉鏡花は「度数のめちゃんこ高い辛口の清酒」って感じですね。ああまだ酔いが回ってます…

とりあえず文語体小説でもいろいろあるということだ。要するに樋口一葉は私のテイストではなかった、と。
だからねみなさん「声に出して読みたい日本語」なんて読んでる場合じゃないっすよ。
素晴らしい日本語は、自分の足で歩き回って探せ!ってことですよ!

ああ、もう、何度でも何度でも言ってやる!泉鏡花、最高!!!!
[PR]
by finny21 | 2006-11-09 17:39 | 図書館通い
<< 再起ほぼ不能 こんな検索ワードで来た方がいら... >>