登場人物:finny(花火と読書とゲーム好きの管理人)・大柳火(その夫)・らいちゃん(生意気小学生)
by finny21
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
日々雑記
図書館通い
本とゲームと映画
花火とデジカメ
My baby
フォロー中のブログ
Somehow*blog
Links
ライフログ
リスペクト
げーむ
その他おすすめ
最新のトラックバック
can't get en..
from あなたもサクサク洋書読破!~..
わたしと詩集「時代の刀」
from 私の気にいったことば
『エリザベス1世~大英帝..
from 本を読もう!!VIVA読書!
ゲド戦記
from REALITY BITES
ジブリ最新作予告編!!ゲ..
from ファルコングラフィック BLOG
「中越地震の町に咲いた超..
from Somehow*blog
江口洋介様の番組。
from My favorite blog
江口洋介が追い続けた1年
from RADIO Days
江口洋介氏のドキュメンタ..
from はなびろぐ
亜細亜の國の生贄みたいに
from oser
以前の記事
2010年 09月
2009年 09月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ハウルと動く城」とその原作とジブリアニメ。
明後日は水戸ですね♪楽しみ♪

ジブリ系、正直言って前作の「千と千尋」が面白くなかったので「ハウル」もそう興味はなかったのですが、やっぱりいっぺんは観てみようとTSUT●YAで借りてみた。



感想は.....うーん、なるほどね、でもストーリー運びがあちこちちょっと強引すぎないか?つまんなくはないけどすごく面白いって訳でもない、でもカルシファーがとても可愛かったので全部許そう!(偉そうに...)しかしやっぱりジブリ作品は「ラピュタ」が最高だねっ。
.....あれ?らいちゃんが意外に真剣に観てる。今までテレビアニメにはそれほど関心を示さなかったのに。そろそろわかるのかな?それならば、と「となりのトトロ」を借りて観せてみました。

途中で飽きてしまうかなぁと思ったんですが、これもけっこう真剣に観ている。まっくろくろすけがばーっと出てくるところは目をまんまるにしていたし、ねこバスをみて「にゃんにゃんバス」とか言ってるし(笑)。しかし「トトロ」見終わった後、大柳火のリクエストで借りてきてた「アップルシード」を観たのですが....途中で眠ってしまうかと思いきや、「トトロ」より真剣に観ていたのには笑った(^_^;)
しかし「アップルシード」本当にすごい。何がすごいって、CGももちろんなんですが、この世界観がもう10何年も前に構築されていたってことでしょう。これが「攻殻機動隊」へ行って「マトリックス」とかへ繋がっていったんだなぁ。

数日後。
利用している図書館ではDVDの貸し出しもやっている。行ったときにふと棚を観ると、なんと「カリオストロの城」があるじゃないですか。けっこう私の好きな作品なので借りて帰り、らいちゃんが遊ぶ横でひとり観ようとしたら、らいちゃんもじっと観ている....そこですごくびっくりしたのが序盤、ルパンが夜何ものかに襲われ格闘するシーン。なんとらいちゃんはルパンに向かって「がんばれーがんばれー」と呼びかけたのです。へえー、ということはこれがどういうシーンなのか理解してるってことかー。ま、襲ってる方は明らかに怪しい風体だったけどね、こいつぁびっくり!

数日後。
ルパン返しに行ったら「千と千尋」があったので借りてきた。私はそう好きでもないけど、どうせタダだし、らいちゃんの反応が見たいし。
これは2歳児にはストーリーが複雑すぎてたぶん意味は分かってないけど、それでも面白く観ていたようでした。最初のほうで湯婆婆に会いに行くところでは「えべれーたー(エレベーター、と言えない^_^;)」、ハクが怪我したあたりでは「けがしてるよ」その他、観ながら「ぶたさん」「かえる!」「まっくろくろすけ(トトロのを覚えてたのか...)」と口走ってました。でも、一番彼が反応したのが走る電車のシーン。「えき!」「でんしゃのんの!」ととっても嬉しそうでした....が、やっぱりわかってないな(笑)
「千と千尋」って、いかにも、なCGを使いすぎなところが私としては違和感あって好きになれない。特に花をかき分けて進むシーンね。ストーリーはまあまあ面白いけど、エンディングがあっさりしすぎだし。音楽はいいけどね。

この日同時に、そういえば図書館には「ハウル」の原作が置いてあったはず、と思い貸し出し予約を取っておいたのが運良く手にできて、とりあえずずざーっと読んでみましたが、
.......ええ、率直な感想を申し上げると、
「映画はクソだっ!ハウルの世界を見事にぶち壊しやがってっ!」
と、まあ、こんな感じ(笑)原作の方がずっと緻密だし、賑やかだし、描き込みも素晴らしい。これが映画では、ソフィーが城に乗り込む理由があまりに強引だし、荒地の魔女やサリマン(原作では男性だぞ!ついでにハウルの師匠でもないぞ!)の位置づけもかなり曖昧だし、大体ハウルがカルシファーと契約する経緯も不明のまま。それにハウルの弟子マイケルは原作ではティーンエージャーの男の子で、ソフィーの妹と付き合ってる設定だぞ。ソフィーの家族も原作でももっとずっと活躍するし。かかしの正体も映画と原作ではかなり違いすぎ。カルシファーの描写も映画とは大分違う....けど、性格付けがぴったりだったのでこれは許そう(偉そうに)。最初映画を見たとき「ストーリー運びがかなり強引」だと感じたわけがやっとわかったよ。いろんな疑問が原作を読んでさーっと氷解したもの。
その他突っ込みどころは満載なんですが、「ハウル」の映画は原作の映画化ではなく、原作を読んだ宮崎駿が自分なりのイメージを膨らませ彼の想像を足した結果、とでも表現した方がよろしいでしょう。しかし、私が原作者だったらこんな映画化絶対許可しねーぞー(叫)
ともかくも「ハウル」まだ見てない方には、原作だけを読んで映画は見ないでおくことをお薦めします。

とりあえずこれで年内最後の更新にしま〜す。
皆様、良いお年を。
(あ、年賀状はこれから刷ります。。。ごめんなさい)
[PR]
by finny21 | 2005-12-29 08:44 | 本とゲームと映画
<< あけおめことよろ 正しいケーキの食べ方 >>