登場人物:finny(花火と読書とゲーム好きの管理人)・大柳火(その夫)・らいちゃん(生意気小学生)
by finny21
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
日々雑記
図書館通い
本とゲームと映画
花火とデジカメ
My baby
フォロー中のブログ
Somehow*blog
Links
ライフログ
リスペクト
げーむ
その他おすすめ
最新のトラックバック
can't get en..
from あなたもサクサク洋書読破!~..
わたしと詩集「時代の刀」
from 私の気にいったことば
『エリザベス1世~大英帝..
from 本を読もう!!VIVA読書!
ゲド戦記
from REALITY BITES
ジブリ最新作予告編!!ゲ..
from ファルコングラフィック BLOG
「中越地震の町に咲いた超..
from Somehow*blog
江口洋介様の番組。
from My favorite blog
江口洋介が追い続けた1年
from RADIO Days
江口洋介氏のドキュメンタ..
from はなびろぐ
亜細亜の國の生贄みたいに
from oser
以前の記事
2010年 09月
2009年 09月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


片貝まつり。9/10
ギリギリまで行けるかどうかわからなかったけど、なんとか9/10だけ行くことができました。万歳!
雨が降ってしまい写真撮影は無し。でもちょっと観覧記。



この日は「片貝奉納煙火愛好会」の皆々様と行動を共にいたしましたが、なんと屋台を曳かせてくれるとのお話があり、数名で連れ立って曳いてきました!(*^。^*)
らいちゃんも連れて行きましたよ。最初彼は太鼓や笛を興味深げに眺め、爆竹にびびっていましたが、屋台を引っ張る綱のところへ連れて行くと見よう見まねで曳き始めました。 思いの外真剣な表情だったのと、しかもところどころの休憩時に、ジュースやアイスキャンデーなどをちゃっかり貰ってすごく嬉しそうだったのが面白すぎ、しかも木遣りに合わせて身体が左右に揺れてたし!(笑)さすがに後の方では疲れてだっこだっこーでしたが、最後にはお菓子をたくさん戴いてこれまた嬉しそう。私たちも大変貴重な経験をさせていただきました。町内の皆様ありがとうございましたm(__)m
思えばおととし初めて片貝へ連れてきたときは、座布団一枚に収まって一生懸命寝返りの練習をしていたなぁ...それが屋台まで曳くようになるとは。なんというか月並みですが、大きくなったなぁー、と。

さてもう少しで観覧だねーと言っていた矢先、急に雨が降ってきて。。。なんと夜まで降り続きました。仕方なく桟敷での観覧を諦め、片貝小に停めてあった車までとりあえず戻り....車内で昼間買っておいたお弁当を食べ、車内の座席をフルフラットに倒して車中からの観覧と相成りました。アナウンス嬢の素敵なお声はほーんの微かにしか聞こえませんでしたが、まあいいかと。昨日よく寝てなかったし、昼間の疲れもあり、ちょうどお腹もいっぱいで、くつろぎモードは全開となり、どんどん上がる尺玉の音は心地よく体に響き、最初はきゃあきゃあ言いながら飛び跳ねて花火を見ていたらいちゃんもだんだん静かになり、みんな無口になっていき、ちょろっと横になってルーフと窓から上がる花火を眺めていたら.............

...........なんと家族全員爆睡ぶっこいてしまいました。

最初に私がはっと気が付いて「今何時?」上がっている花火と、番付を見比べてみても今一わからない。その時とても綺麗な千輪のスターマインが上がり、大柳火を起こしてしばし見とれた後、こりゃーさそかし名のあるプログラムに違いない!と番付と時計を照合。おお、これは「東京都 江口洋介様」奉納のスターマインだったのか!(後で聞いたところによると、本人がちゃんとプログラムを読み上げたらしい。どうせ読み上げるなら奥様にやって欲しかったりする私は森高ファン)

え?でも、いま江口洋介様のスタマって事は......
ががががーーーーーーん!正三尺玉を寝過ごしたっっっっっっっっ

まあ、それでも素晴らしき尺玉の爆音を枕に夢も見ずに深いふかーい眠りの中を漂ったということは大変に贅沢ななかなかできない充実した時間を過ごしたって事で。σ(^◇^;) このあとらいちゃんを叩き起こしましたが、とにかく深いふかーいところへ旅立ってしまってたようで、現実に戻すのにかなりの時間がかかりました。どうしても四尺の時には起きていて貰いたかったから(笑)そして無事千輪二段咲きの正四尺玉にはみんなで間に合い十分堪能しましたので、不思議と後悔はないです。(でも、見たかったのに見逃してしまったプログラムがあったのも事実...だれかがアップしてくれてると良いな←他力本願)
半分眠っておいて言うのも何ですが、この日の片貝は1つ1つがとても凝った玉が多く、とても見応えがありました。特に気になったのが、まず千輪が開いて、次に分包が来て、さらにもう一度千輪が開いてその菊先が変化するという三段咲きの玉!写真にしたらさぞかし美しいでしょう!(^。=)ま、この日は三脚があろうと無かろうと(...orz)撮影できる天気ではありませんでしたし。

終了間際になってやっと雨が上がり(このパターンはほんと勘弁して欲しい)、あだっちさんのお宅で皆さんとご挨拶をしてから帰途につきました。もうー本当に良かったです。充実の1日でした。
そしてお世話になった皆さんありがとうございました。とくにあだっちさんのお母様にはなにかとうちの子を気遣っていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
また来年も片貝で会いましょう!

あっ、そーだ。
10日の昼三尺で、星がずーっと落ちていくのを見ていたら、左のほうにふわふわと落下傘が落ちていったよ。神社の外側の草むらに落ちたみたいで、拾いに行きたかったけど断念。
ちっちゃな垂れ幕がついていて、文字が5つくらい書いてあった。たぶん「祝片貝まつり」って書いてあったように見えたんだけど、正確なところわかってる方います?知っている方は是非ご一報を。何も出ませんが(笑)

ところで。
現地新潟はまだまだ震災の爪痕が色濃く残り。
傾いた電柱、歪んだ標識、未だでこぼこの高速道路。
帰りに通った道では、崩れた道路の脇に花束。
番付にも、震災で亡くなった方への追悼や復興祈願の文。
被災地の皆様に真の復興の日が来ることを願ってやみません。

[PR]
by finny21 | 2005-09-13 15:09 | 花火とデジカメ
<< ネット無し生活 諏訪湖。 >>