登場人物:finny(花火と読書とゲーム好きの管理人)・大柳火(その夫)・らいちゃん(生意気小学生)
by finny21
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
日々雑記
図書館通い
本とゲームと映画
花火とデジカメ
My baby
フォロー中のブログ
Somehow*blog
Links
ライフログ
リスペクト
げーむ
その他おすすめ
最新のトラックバック
can't get en..
from あなたもサクサク洋書読破!~..
わたしと詩集「時代の刀」
from 私の気にいったことば
『エリザベス1世~大英帝..
from 本を読もう!!VIVA読書!
ゲド戦記
from REALITY BITES
ジブリ最新作予告編!!ゲ..
from ファルコングラフィック BLOG
「中越地震の町に咲いた超..
from Somehow*blog
江口洋介様の番組。
from My favorite blog
江口洋介が追い続けた1年
from RADIO Days
江口洋介氏のドキュメンタ..
from はなびろぐ
亜細亜の國の生贄みたいに
from oser
以前の記事
2010年 09月
2009年 09月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


図書館でムソルグスキー。
図書館で借りてこれるものは、書籍だけとは限らない。
今、これを打ちながら、「ムソルグスキー組曲『展覧会の絵』byロンドン交響楽団withクラウディオ・アバド」を聴いています。



「展覧会の絵」なら、断然チェコフィル&アンチェルさっ!と決めている私だけども、今日図書館でたまたまこれが目に入ったので気まぐれに借りてきました。これはちょっと博打。
というのは、高校時代音楽の授業で、今日は『展覧会の絵』を聴くっていうんで、好きな曲♪ラッキー!と小躍りしたのもつかの間、トンデモナイ駄演を聴かされ....もう2度とチェコフィル以外の録音を聴くまい、と涙した記憶が脳裏をかすめるので....(__;)

とりあえずMacのCDトレイ(ええ、初期出荷iMacですから!)に入れてみるものの、認識しない!「初期化しますか?」じゃないっつーの。最近調子悪いんだよね、CDまわり。。。ともかく数度のリトライで無事認識したので、再生させようとしたら読み込みにやたら時間がかかって、音飛びしまくり。仕方がないので一度iTunesでMP3変換してから再生したらうまくいった。あ〜あ面倒くさいことをやってしまった。

さて、添付されていた解説書にざざっと目を通しましたが、この解説者ぜんぜんこの曲の曲想知らないで書いてるなっていうのがありありでガックリ。プロムナードが「牧歌的」ってなんだそりゃ?
まあそれは置いといて、肝心の演奏!恐れていたあれ(高校時代聴いたあれってどこのオケだったんだろ?)ではなくて一安心(?)。全体的にチェコフィルよりもゆったり目の印象を受けます。(気のせいかな?)そしてこの曲で私が最も注目するのが「サミュエル・ゴールデンベルクとシュムイレ」。威圧的な金持ち(木管系とバス系ストリングス?)と金切り声の貧乏人(ミュート付きトランペットソロ)の掛け合いです。チェコフィルの貧乏人は、金持ちに押しつぶされないように必死でぎゃあぎゃあまくし立てていますが、ロンドン交響楽団の貧乏人は震え声の「お代官様お許し下せえ」的な弱気さで、非常に面白かったです。こういう曲想のはっきりしている箇所は、オケどうしの聴き比べが大変面白いですね。ちなみに、高校時代聴いた「あれ」では、貧乏人(トランペット)の何と一本調子なこと(-_-#)、授業中でありながら、こんなのは駄作だあー!と席を立って叫びたい気分に駆られましたよ。(今でも忘れられないところが悲しい)

実はこの曲で一番好きなところは「卵の殻をつけた雛の踊り」。これを聴くにつけ思うんですが、元ピアノ曲だったというこの組曲をオーケストレイション化したラヴェルという人は天才ですね。だいたいラヴェルの曲ってその関係から、CDではしばしばムソルグスキーの曲とカップリング収録で目立たない印象かも。世の中にもっと知れ渡って欲しい作曲家です。私は「亡き王女のためのパヴァーヌ」と「ボレロ」が大好き!特に「ボレロ」は、誰でも一度は聴いたことがあるはずの曲なのに、作曲者のことがあまり知られてないような気がします。
ということで(?)皆さん、ラヴェルを聴きましょう!

今、キエフの大門の鐘が高らかに鳴り響いています。
うーん、やっぱりいいなぁ....(*^。^*)
もう一度聴こ♪(これで今日3回目...^_^;)
[PR]
by finny21 | 2005-06-17 15:25 | 図書館通い
<< 最近読んだ本の話。 ディック読みたいけど... >>