登場人物:finny(花火と読書とゲーム好きの管理人)・大柳火(その夫)・らいちゃん(生意気小学生)
by finny21
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
日々雑記
図書館通い
本とゲームと映画
花火とデジカメ
My baby
フォロー中のブログ
Somehow*blog
Links
ライフログ
リスペクト
げーむ
その他おすすめ
最新のトラックバック
can't get en..
from あなたもサクサク洋書読破!~..
わたしと詩集「時代の刀」
from 私の気にいったことば
『エリザベス1世~大英帝..
from 本を読もう!!VIVA読書!
ゲド戦記
from REALITY BITES
ジブリ最新作予告編!!ゲ..
from ファルコングラフィック BLOG
「中越地震の町に咲いた超..
from Somehow*blog
江口洋介様の番組。
from My favorite blog
江口洋介が追い続けた1年
from RADIO Days
江口洋介氏のドキュメンタ..
from はなびろぐ
亜細亜の國の生贄みたいに
from oser
以前の記事
2010年 09月
2009年 09月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


読んだ本ずらり
とりあえずメモ書きで

ケストナー「飛ぶ教室」
小中学生で読んだのだったら、心温まる学園クリスマス物語だと思うだろう。
しかしこれが書かれた時代背景を鑑みつつ読むとすごくもの悲しい。ケストナーは弾圧を受け、自著をナチスに焚書される憂き目にあった作家だと今さら知った。
ところでこれも出版社ごとにずいぶん訳が違うらしいので、読み比べてみたいと思います。……そのうち。

フィリップ・K・ディック「ゴールデン・マン」
すげえすげえすげえすげえ(以下エンドレス
ハヤカワ最高だね!ディック最高だね!
どうやったらこんなとんでもない話を思いつくの?
件の「電気羊」の原型になる短編も載っていた。それだけで七転八倒だ。

だいたいそんな感じ、ということで。
[PR]
by finny21 | 2008-12-30 19:21 | 図書館通い
<< 読書記録メモ 超絶大ショックぅぅぅ >>